東京において進学先を通信制高校に選んだ時の選び方と魅力

数ある選択肢の中から選定したのは通信制高校でした

これからの進路を考える段階になった時に目の前にあらゆる選択肢が現れましたが、数ある選択肢の中から選定したのは通信制高校でした。
しかも、場所は東京であったのであらゆる選択肢と共に通信制高校としての選択肢も豊富であったため、進路を定めた後にはより一層細やかな点に目を向けていく様子になりました。
通信制という選択肢を選ぶ事は決めたものの、実際に詳しい情報を集めていくと全日制のように公立と共に私立が存在している様子がわかったので、細やかな選定をする時の初期段階としては公立もしくは私立のどちらを選ぶか決めました。
各々で大きな違いと小さな違いが多々あるのがわかりましたが、自分が特に気になったのは3年間で要する学費についてでした。
公立の事例では3年間で要する学費は10万円であったのに対し、私立は40万円から100万円と金額差があった上に要する金額も大きい傾向にあったため、金銭的な負担は小さくしたいと考えていた自分は公立を選びました。
公立を選ぶという話を精通している方にお話してみたところ、公立は自らが積極的に学ぶ姿勢が求められるのと共に中学校を卒業しているのと同じ学力も必要にあると教えてくれましたが、学びたいという気持ちが強くて進学したので無問題でした。
公立または私立というように2つの選択肢が用意されていて一方を選ぶ事例では広域もしくは狭い範囲もある事がわかり、私立は広域が採用されている事例が多かったですが、自分は公立を選んだので狭い範囲になりました。
広域もしくは狭い範囲は安定的に通学できるかを確かめるべく行われていた事なので、結果的にしっかりと安定して通えるという判断をする事ができましたが、同様に通学について考えるきっかけになったのが面接指導でした。

机整列三銃士です‼️

①はらの先生(SSR)
椅子がたくさん運べる力持ち💪

②むらた先生(SR)
メジャーで机と机の間隔を測る几帳面😸

③きたざわ先生(R)
机並べはニュアンスでカメラ目線😠😠#通信制高校 #ヒューマンキャンパス高校 #秋葉原 #東京 #搬入 #校舎に遊びにきてね pic.twitter.com/VE67zTxmmw

— 【秋葉原】ヒューマンキャンパス高校 (@hchs_akihabara) May 19, 2021

数ある選択肢の中から選定したのは通信制高校でした手厚く支援をしてくれる体制も充実していた通信制で学びながら美容についても学べる高校を選びました